‘03.08.16(Sat) MISIA星空のライヴII@沖縄宜野湾海浜公園野外劇場

※覚えてる部分を箇条書き。基本的に内容は初日と一緒なので、省略部分が多いです。なので、個人的な感想が主になってたりします。

昨日より風が強い、厚い雲がずっと流れてる。今日の空模様もちと微妙。
と思ったら、ポツポツとときおり降ってくる、昨日のような大粒の雨はなかったけれど。
昨日よりは少し真ん中に寄ってますが…う~ん、どうなんだろ、始まらないとなんとも言えない感じだわ。

1曲目『眠れぬ夜は君のせい』
MC。『ようこそいらっしゃいました、めんそーれ』の言葉に、会場大喜び。

2曲目『小さな恋~cry(メドレー)』
cry、やっぱりかっこいい!

『陽のあたる場所』
サビの部分、MISIAに合わせて手の平を開いて前上方へ押し付けるような振り。拳を突き上げるのは慣れてるんですが(笑)

メンバー紹介。

『ギターの鈴木ケンちゃんでーす』
ギターを少しHEAVYにかき鳴らしてご挨拶。しかし今日も喋らず、MISIAも問いかけないのですが…なにか理由があるのかしら?(笑)

オルガン&コーラス、佐々木久美さん(ササキ、クッミーって感じで)。
CDレコーディングにツアーにいつも参加してくれてて、オルガンもソウルフルでかっこいい、という紹介だったかと。

『ベースのタネちゃんで~す、種子田健さんですけどもね』
その直後、私の前の前辺りの殿方で、最初っからMISIAとかいろいろ叫んでて元気な方だったんですが、「タネちゃーん」とひと叫び。どうもありがとう(笑)、てか参加したかったな~…
『一言いただけないでしょうか?』と今日もMISIA言ってくれた、ほんとありがとう!
少し間があって『えー、みなさん、楽しく過ごしましょう!』と健全的なコメント。
そして、MISIAの『ハイサイ?』に『ハイサイ…』と。いや~ん、ちょっと…かなり羨ましいぞ!(笑)
種子田さんの「ハイサイ」のイントネーションは完璧でした、個人的に満点をあげたいと思います。
最後に一音弾いてお終い。今日はMISIA、きちんと「ベース」と言ってました。

『一人長袖でがんばってる』と紹介。マニピュレータキーボード、須藤豪さん。
豪さんにも一言、とMISIA。『内地の方と沖縄の方とノリが違ってかっこいい』という豪さんの言葉に、会場は大歓声。

サックスの鈴木明男ちゃん。今日もサックスの種類の説明をMISIAが。
今日も音を披露してくれました。まずはテナーサックス。種子田さんも参加してましたね。会場から、かっこいい!と評判です、このコーナー。
その次がソプラノで『yesterday』を、かっこいい、凄い~とあちこちから。

ドラムの青山純ことアレックス。
青純さんが紹介されると、あちこちから歓声が。一緒に参加してた姉が驚く程でした(笑)さすが青山さんって感じでしたね。
『今日は事実上のファイナル、沖縄でやれるのが嬉しいです。ステージ上も暑いですが、10倍の熱い演奏を皆さんにお送りします』と。
昨日とは打って変わって、ちとかっこよすぎる青山さんでした(笑)

キーボード&バンマスの重実徹さん。昨日に引き続き、グランドピアノとローズとシンセサイザーの紹介後、グランドピアノで…ロカビリー?分かりませんがダンサブルな楽しい曲を披露。そして次はローズ(だったかな?)でしっとりと色っぽく『yesterday』を。

『SUNNY DAY』
青山さんと久美さんソロあり。MISIAが、入る前に彼等の名前を叫ぶと、観客は盛大な声援を。

『ESCAPE DJ WATARAI調』

『あの夏のままで』

そして、昨日に引き続いて、MISIAの後に続いてフレーズの練習。
男と女の対決の後、『こんなのどうですか?』といきなり10小節のロングトーンで客席に闘いを挑みます(笑)
会場からはもちろん、メンバーからも感嘆の声と拍手。

練習後→曲にそのまんま入るはずが…何かがうまくいかなかったのか…そのまま引き続きメンバーの演奏は続いていて…『もう一回?もう一回練習お願いします!』と。次は無事、曲に入ることができました。

『めくばせのブルース』
種子田さんのベースソロ、最初から見逃さないように気合いを入れる、うう、やっぱりかっこいい!終わってからすぐに客席にコーラスが入ってしまうので、拍手や歓声で応えてあげられないのが寂しい…いや、ひっそり贈ってるけども。

『THE BEST OF TIME』

『Indigo Waltz』

『It’s just love』
種子田さん、椅子に座ってお休み。照明も落ちてるし、奥の方に行っちゃってるので闇に溶けちゃって姿はみえず…
昨日に引き続き、種子田さんが弾いてないのは確実なんですが、KENさんだけなのか?他にどなたかが参加されてたかはチェックし忘れてます…

『Everything』
今年の冬のときとは違ったアレンジで、同じ曲なのにまた違う愉しみがあるんだなあ…と再認識しました。

『キスして抱きしめて』
種子田さん、袖へ。

『つつみ込むように…』
この曲ってデビュー曲だったんだなあ…と初めて知りました(苦笑)あれから、まだ5年しか経ってないんですね、それなのに築き上げたものの大きさに改めて驚愕。

ちょっと暴言を吐くと…いや楽しみ方は人それぞれなんですけども、この曲に手拍子はいらないんじゃないかと…途中のブレイクにその音が入るのは個人的に邪魔、もったいないと思うんですが…すみません…

『心ひとつ』
今、自分にとって何が大切なのか?何が幸せなのか?と分かりにくい世の中、愛や平和、ということが大切だと思います。
歌に、愛を見失わないでという気持ちを込めました。この会場で、皆さんの心が一つになるように、平和な空の下でこの曲を…とMISIA。

種子田さん、メンバーの皆さんステージに戻って。

果たして、実際にこの空の下が平和なのか?という疑問はあるのだけれど、MISIAの想いはとても嬉しく感じました、ありがとう。
壮大な音に包まれて、本編終了。

———-

アンコール。
呼び出しの最中、下手サイドからだったかと思いますが、ウェーブが起こりました。2、3度の失敗の後(苦笑)、会場が一体になった瞬間が形になって表れました、左から右、そして左と綺麗にうまく2、3回往復できました。
その直後にMISIAがステージへ、見てくれたかな?

『アンコールありがとうございます、沖縄、サイコー!』

『飛び方を忘れた小さな鳥』
重実さんと二人で。

『星の降る丘』
種子田さん、バンドのメンバー全員で。

バンドのメンバーは皆さん袖へ。
ステージに入る直前、種子田さん、ステージのMISIAを振り返りました。
そして、もちろんお約束の『最後のお願い、MISIAと呼んで下さい!』
今日はMISIAがきちんと袖幕に隠れてから花火が上がりました。

———-

◎覚え箇条書き。

たいしたことじゃないけど…会場の物販売場の横でオリオンビールとおつまみが売られてたんですが…その中のメニューに「いなり」があって(他はピーナッツ等の乾物)。昨日は売り切れてたのですが、「?」と思ってたんです。そしたら、今日はまだ売ってて、本当に「いなりずし」でした、笑っちゃった(笑)

21:30pm頃終了。

2日間、はっきりしないお天気で、厚い雲の切れ間に星空は覗いているんだけど、満天の星空をMISIAにプレゼントできなかったのが、なんか悔しい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください