’060306@K.R.B

【K.R.B@BLUES ALLEY JAPAN(東京)】
 Member:鈴木健治/G、青山純/Ds、種子田健/B、末松一人/G
 Guest :佐々木久美/Key、ダンデライオン

ほんと、とても素敵な夜でした。
種子田さんファンであることを再確認、そしてCINCOメンバーの凄さを再認識した夜でもありました。

今日の座席、種子田ファン1ヶ所に集合(笑)>一緒に取ったわけではない。
口々に「いい席だねえ!」と言われましたが…実はそうでもなく。
末松さんにドン被りでしたのん。
でも、最近の私はそーゆーことはどーでもいいのです、大人になったのです。
見えないなら見えないなりの楽しみ方をする術を覚えてきた模様。
4年という月日は凄いねっ!

で、今日は「青山さんデー」でございました。
本日の収穫は「なぜ青山さんにはこんなにも熱狂的なファンが多いのか、その理由が判明した!」ことでした。
もちろん、答えなんてないのかもしれないし、人それぞれだろうけど。
私なりのソレを見つけて思いっきり納得しちゃったんで、それでいんです。

種子田さんファン暦が4年なら、青山さんの生音を聴き始めて4年、気付くの遅かったなあー(苦笑)

ゲストのダンデライオン、凄い歌声だなあ。
若かりし頃の親方さんみたいだった。
Gのヤスくんが女の子みたいだった。
確実にトークの腕はダンデライオンの方が上だった(笑)
(オチがあったから/笑)

そしてそして〜。
最後の最後のベースソロ。
かっんぺっきでした。
ハナマルもんでした。
かっこよかったなー。
最初の方の静かなソロもよかったけども。
やっぱり、ペキペキは血沸き肉躍る、むふふ〜。
あそこの部分だけを切り売りしても成り立つほどの凄さでした。
わかるかなあ、わかんないかなあ、この表現…とにかく死ぬ程かっこよかったってことです。

いや、いっつもかっこいいけどさ。
これまでのソロ史上のトップを争うと思うくらいだったのん。

本日は、多分…4年振りくらいにお会いする方にも無事会うことができました。
ありがとうございました。
また、いつかご一緒しましょー。

残念なのは、お友達のSちゃんが体調悪くて参加できなかったこと。
ほんと残念でした。
今度は一緒に参戦しましょ。
早く治りますよーに。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください