‘02.04.06(Sat.) 林田健司”02 Doors Tour”@赤坂BLITZ

※日記より抜粋&手直しあり。

今日は種子田健@林田健司ライブを堪能してきました。
隣にいた林田氏ファンの子が、友達にベースの人の名前を覚えてきてと言われた、と話してて、ナニッ!と耳をダンボにしてたら、ヒッソリと後ろで演奏しているから2回も行ってるのに覚えられないんだよね~、とか言ってた(笑)
ああ、やっぱりそういうスタイルなのね、ここでも、と少し安心。
が、名前を覚えて貰うチャンスだわ!と、妙な気持ちにかられてエセ広報担当と化し、フルネームを漢字で教えておきました、いや~ん、私ったらオバチャン根性丸出し(笑)
案の定、急に声をかけられた女の子、吃驚してました。
種子田さんを見に来ました、林田氏のことはよく知りません、と正直に告白したら、彼女たちはさらに吃驚してました。

ライブが始まって、今日は他のメンバーのことはよく知らないので種子田プレイに集中。
大好きなサックスもあって、ソプラノもバリトンも出てきたのに、少しも心動かずベースの音だけ聴いてました、ある意味ヒドイ音楽の聴き方だと思います、でも仕方ない、心の赴くままに身をまかせるしかない。

そしたら、本編とアンコールの合間に前出の女の子に「種子田さんだけ見てましたね?林田氏もたまには見てね!」と言われました、ごめんなさい、本当に失礼でごめんなさい、でもダメでした(笑)

でも、終了後、種子田さんを好きになった私の気持ちが分かった、とてもかっこよかった、と林田ファンに言わせました、勝った!と思いました、でもきっと林田氏の次にって意味だと思うけども(笑)

もし、種子田さん目当てじゃなければ、ギターの人はすんごく笑顔で楽しそうに弾くし、パーカッションもあったし、ドラマーは結構いい男だった気がするし、サックスとトランペットもあったし、林田氏はクルクル回って踊ってるし、いっぱいいっぱい見どころがあったと思うのだけれど、それはもう仕方がない、種子田さん目当てなんだから仕方ない。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください